夫婦ラブラブ大作戦

夫婦ラブラブ大作戦

夫婦の性格不一致を埋める唯一の方法(夫婦は他人)

読了までの目安時間:約 3分

 


夫婦の性格不一致を埋める唯一の方法(夫婦は他人)

どーもです。KENJIです。

夫婦仲があやしいあなた、どうでしょう、調子は?

さてさて、あなたも聞いたことがあるかと思います。そう、個人の考えの例えで10人10色と言うヤツ。

まー、通常で考えれば、人は人、オレはオレ・・・ということになるワケだが、それは個人個人の話。これが、夫婦に限っては10人20色になるのだ。

ちょっと考えてみてくれ。それは、夫婦と言う単位で考えた場合に、あなたと嫁さんは考え方、思考、趣味は違うだろう。ウチは同じというヤツも黙って聞け。

例えば、あなたが好きな音楽が日本の音楽で、相手が好きな音楽は洋楽だったり、見る映画の趣味も違う場合もあるだろう。

ホント、マジ当たり前だが、夫が見ている「僕たち夫婦」と妻が見ている「私たち夫婦」とは、観念や嗜好、思考は違ってあたりまえ。

しかし、世間的にはどちらかが一方的に考えを押し付けて(通常は夫の場合が多いだろ)、その結果「性格の不一致」と言うワケ分からない言い訳を付けてケンカしたり、別居したり、離婚している。

性格とは、感情面の個性の事で気質という先天的傾向に基づくといい、気質から作られる行動や意欲の傾向が性格とよばれる。

性格とよく似た言葉に人格があるが、人格には社会的もしくは論理的な内容が含まれており、性格より範囲が広くなる。

つまり、性格は結婚する前から不一致な訳で、あたり前。

それが事実として、前提とすれば・・・夫婦になったとたんに、同じ考え方になると言うのは、傲慢のなにものでもない。そんなワケないだろうということがオレの頭でもわかる。

当たり前だが、それぞれの望み、気持ちも違う。

夫が希望する「僕の憧れの夫婦像」と妻が希望する「私の憧れの夫婦像」は、あたり前だが違う。

その乖離を埋めるのはどうすればいいか。

それは「話し合う」ことから始まる。

目を見てわかりあえるなんて言うことは絶対にない。間違ってもない。なので話し合え。

ところで・・・話し合うことで大切なことがある。

男が「2」話したら、嫁さんの話を「8」聞け。

だいたいこのくらいの割合でちょうどいい。「2」くらいで考えて「4」位はしゃべっているはずだ。

だから男が「2」話すくらいがいい。

絶対だぞ。

夫婦間の話もない。妻がまったく関心を示さない。かなり冷え込んでいる。

そう思い当たるのなら、もしかしたらラストチャンスかもしれないぞ

 

夫婦円満の秘訣

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。