夫婦ラブラブ大作戦

夫婦ラブラブ大作戦

仲のよい夫婦はもっと仲良く、さめている夫婦はあのころの初々しさを取り戻しましょう。

夫婦別姓を選ぶ前に考えること

読了までの目安時間:約 3分

 


夫婦別姓を選ぶ前に考えること

どーもです。KENJIです。

結婚をすると、女性の多くは名字が変わります。

好きな人と結ばれたと実感できる瞬間だと思います。

姓が変わると色々と面倒なことは確か

しかし、実際に入籍して姓が変わると、実は各種手続きが想像以上に面倒だったりします。

銀行口座の名義変更、運転免許証やパスポートの書き換え、会社への届出などなど、住民票や戸籍抄本を何通も取って、戸籍が変わったことを証明しなくてはなりません。

特に、結婚前から仕事をしている場合は、旧姓のままが都合が良いと思う人もいると思います。

法律上夫婦になるのであれば、夫婦別姓にはなれないのです。

日本では婚姻届を提出する際、夫または妻のどちらかの姓を選ぶ必要があります。

従って、法的に認められる婚姻関係の場合、夫婦が別々の姓を名乗ることはできません。

そのため、日本で夫婦が別々の姓を名乗りたい場合に取れる手段は下記の2つになります。

「通称使用」

婚姻届を提出して法的にはふたりとも同じ姓にし、その上で、会社や仕事関係の間では旧姓を名乗る方法です。

つまり呼び名は旧姓のまま、本名は結婚後の名前と、普段生活をする上では何も問題ありませんが、携帯電話の契約やカードの申し込みなどの際は通称は使えない事が難点です。

「事実婚」

婚姻届は提出せずに、「夫婦になりました」と宣言する方法になります。

婚姻届を提出しないため、ふたりの姓が変わることはありませんが、法的には夫婦と認められないために、配偶者控除など税制面での優遇措置を受けられない。

またふたりの間に子どもが生まれたとき、「非嫡出子」となるため認知の手続きが必要になるなどの問題に直面します。

それに長年連れ添って、遺産分配などの時は不利になってきます。

まとめ

どちらを選ぶようになりますが、あなたとパートナーの強い絆さえしっかりしているのであれば、名字はあまり関係がにような気がします。

夫との繋がりを意識したいのであれば、変えても良いでしょうし、今はまだ個人の存在をアピールしたいと思うのなら別姓にしておくことも良いかもしれません。

あまり、堅苦しく考えないで柔軟に対応して行く事をオススメします。

夫婦間の話もない。妻がまったく関心を示さない。かなり冷え込んでいる。

そう思い当たるのなら、もしかしたらラストチャンスかもしれないぞ

 

2人の関係について考える

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る