夫婦ラブラブ大作戦

夫婦ラブラブ大作戦

仲のよい夫婦はもっと仲良く、さめている夫婦はあのころの初々しさを取り戻しましょう。

専業主婦が少なくなった今、夫が家事に対してやること

読了までの目安時間:約 3分

 


専業主婦が少なくなった今、夫が家事に対してやること

どーもです。KENJIです。

結婚を機会に仕事を辞めて専業主婦(主夫)になる人は、昔ほど多くないと思います。

まして、子どもが居ないとなると、夫婦共稼ぎというスタイルになるのは、一般的になっています。

ここで問題になるのが、家事の役割分担になるのではないでしょうか。

お風呂掃除やゴミ出しは夫の役目、ご飯や洗濯は妻の役割と言うように。

しかし、ここでストレスの元を作っているのは知っていましたか。

お互いに仕事で疲れて帰ってきているのに、お風呂掃除はあなたの役割でしょ・・・とか、食事のしたく早くして・・・などと言われてしまったら、爆発してしまうと思います。

これでは、夫婦でいる必要がないと思いませんか。

独身なら、好きな時間に帰ってきても、家事は後回しにしても文句を言う人もいません。

しかし、少なくとも好きで結婚した訳ですから、なんとか夫婦関係を良く出来れば良いと思います。

家事に関してアンケート結果では、今の20代、30代の男性の中には、家事も育児もあまり抵抗なく手を出せる人が増えて来ています。

しかし、家事育児の支配力は圧倒的に女性側にあるのも確かだと思います。

「夫が家事をしない」という悩みの背景には、夫だけの問題ではなく、妻の受け止め方、伝え方に問題がないとは言えません。

家事で一番大切なのは「して欲しいことは具体的に言葉にして伝える」ということです。

一様に家事分担を決めてしまわないで、その場その場でパートナーに具体的に何をして欲しいのかを伝えてみてはいかかでしょうか。

例えば、夕食時の忙しい時間に何もしてくれない夫に苛立って「なんで手伝ってくれないの」なんて、つい言ってしまいがちですが、こんな時こそ夫に、どんな作業を請け負ってもらえばラクになるのかを、きちんと言葉にして伝えます。

そして、そんな時に何気なく、何か手伝うよと一言があれば、夫婦仲な良くなっていくのではないでしょうか。

「この状況を見れば気づくはず」「私の気持ちがわかるはず」とパートナーに期待しても、何も伝わりません。

して欲しいことはきちんと言葉にして伝えないと、パートナーには分かりません。

これは夫婦だけでなく、人間関係でとても大切なことだと思います。

夫婦間の話もない。妻がまったく関心を示さない。かなり冷え込んでいる。

そう思い当たるのなら、もしかしたらラストチャンスかもしれないぞ

 

夫婦円満の秘訣

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る