夫婦ラブラブ大作戦

夫婦ラブラブ大作戦

パートナーの呼び方で崩れていく夫婦関係【パパ・ママはやめとけ】

読了までの目安時間:約 4分

 


パートナーの呼び方で崩れていく夫婦関係【パパ・ママはやめとけ】

どーもです、KENJIです。

夫婦関係は些細なことから崩れてきます。そのヒビを入れるのがパートナの呼び方だ。わかるよな。

そう、街で見かける夫婦を見ても、その相手の呼び方で、まー、大体想像つくものだ。

たとえば・・・周りから見て居ても夫婦関係が良くないのが、分かるのは「おい」とか「あんた」とか言っている夫婦の関係。

ある統計によると・・・「パパ、ママ」「おとうさん、おかあさん」と呼ばれているのが3割いるそうだ。マジ?

自分の嫁さんを「ママ」とか「おかあさん」って呼ぶのって気持ち悪くないか?無理すぎる・・・オレには。

「○○くん」や「□△さん」と名前で言っていたのが、夫婦の期間が長くなればなるほど、子どもが出来た途端に「パパ」や「ママ」になってみたり、最悪なのは、「ウン」で終わらせてしまう事。

そうそう、こんな会話が日常ではないか?

妻「ねえ、遅刻するわよ」

夫「おい、新聞・・」

そして、出産をきかっけに

妻「パパー、おむつ替えるから、手伝って」

夫「おい、おかあさん、ガスつけっぱなしだぞ」

てな具合。ヤバいヤバすぎる。

もう一回言うが、自分の嫁さんを「ママ」とか「おかあさん」というヤツ、オレはないな・・・気持ち悪い。

前述の統計によると、他人に「○○ちゃんのママ」と呼ばれたり、夫に「ママ」と呼ばれるのに違和感があると答えている人は多い。あたりまえだ。

そんな風に呼ばれれば、「個人としてみてもらってない」や「夫の母親じゃない」という感情になるのもわかる。

名前があるのに、名前で呼ばれなくなると、あなた自身も存在が無いと思うぞ。基本男は外に出ること多いから名前で呼ばれること多いけどな。

女性の場合は、おかあさんの役割、妻の役割、パートナー役割。

男性の場合も同じで、おとうさんの役割、夫の役割、そしてパートナーとしての役割。

時と場合により、使い分ける事は夫婦の関係を良い方向に向かう。

今までの習慣が身についているのは分かるが、夫婦円満したいなら、お互いが努力をする事は、最低のルールだ。今すぐやめろ「パパ、ママ」は。

パートナーに物事を伝える場合、パートナーを一人のヒトとして尊重して、言葉をかける気持ちを持つ事は、夫婦仲円満の基本。

そして、何年たっても、両思いな夫婦でいるために、誰から見ても「仲良し夫婦」と言われるために率先してやる事、それは「名前で呼び合う」事。

そんな簡単な事と思われるかもしれんが意外に難しい。特に「パパ、ママ」のヤツらはハードルめっちゃ高いだろ。

恋人関係の時は、お互いに名前で呼び合っていたろ?いつ変わった?

最初は名前で呼ぶのも抵抗があると思いますが、一度言葉にしてしまえばその後は抵抗なくすんなり言える。

相手もちょっとビックリするかもしれんが、絶対うれしいはずだぞ。

ところで、ウチは嫁さんを「先生ー!」と呼ぶ時がある。

ウチの嫁さん「幼稚園の先生」だったのだ。そんなヤツもアリかもな。(ママより絶対にいいぜ)

夫婦間の話もない。妻がまったく関心を示さない。かなり冷え込んでいる。

そう思い当たるのなら、もしかしたらラストチャンスかもしれないぞ

 

夫婦円満の秘訣

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。