夫婦ラブラブ大作戦

夫婦ラブラブ大作戦

仲のよい夫婦はもっと仲良く、さめている夫婦はあのころの初々しさを取り戻しましょう。

同居すれば嫁姑問題は必ず起こる。そこで、まずはここから

読了までの目安時間:約 3分

 


同居すれば嫁姑問題は必ず起こる。そこで、まずはここから

どーもです。KENJIです。

結婚する前に悩む事で、姑との同居問題があると思います。遠くはなれていれば、さほど問題ないけど。

同居して、それが理由になり離婚と言う状態は避けなければいけません。(でもよくある

お互いが好きで結婚しているのですから、離れる事はありません。

しかし、どうしても同居しなくてはいけなくなった時には、いろいろと一歩引くことをおぼえておこう。嫁さんに伝えてほしい。

新婚の時に、姑に認めて貰おうと、良い嫁を演じる事は止めて下さい。

嫁さんにも彼女の時間があります。

まして、仕事をしているのであれば帰宅してから、夕飯の支度をしたくない時だってあると思います。

そんな時は、姑さんに「遅くなるから作っておいて下さい」と一言かけてみてはどうでしょうか。

いつまでも「良い嫁で居よう」とすると苦しくなるばかりです。

何でも完璧にしようと頑張らず、「周囲に教えてもらったり、手助けを借りてもいいのだ」と考えると、気持ちが楽になると思います。

もちろん「だって、できないんだからしょうがないでしょ」を開き直るのはNGですが、家族のメンバーに「できることをできる人がしましょうよ」という姿勢を求めるのは家族としてはあたり前だと思います。

姑さんに感謝を忘れなければ、完璧なでなくても十分です。

そして、あなたが留守の間に、家事をしてくれていたら、感謝の気持ちを込めてありがとうの一言は大切です。

女性として、家事が出来る事は最高の妻である事には違いありませんが、まともに張り合うことはやめて下さい。

まともに競って、あなたが負ければ悔しいですし、反対にあなたが勝っても姑に不快な思いを残すだけで、良いことはなに一つありません。

張り合わず、女性の先輩として、母として存在を認めてあげる事が大切です。

たとえ違う価値観を持っていたとしても、それを否定せず、先ずは認めてあげて下さい。

そして上手に姑を立てて、褒めて、得意なことはやってもらったり教えてもらったりする事で、親密度が増すと思います。

お姑さんのプライドを上手にくすぐって、たまにはかわいい嫁になるのも上手な世渡り術です。

夫婦間の話もない。妻がまったく関心を示さない。かなり冷え込んでいる。

そう思い当たるのなら、もしかしたらラストチャンスかもしれないぞ

 

夫婦のトラブル対処法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る