夫婦ラブラブ大作戦

夫婦ラブラブ大作戦

仲のよい夫婦はもっと仲良く、さめている夫婦はあのころの初々しさを取り戻しましょう。

ドメスティックバイオレンス(DV)を愛情と勘違いするな

読了までの目安時間:約 3分

 


ドメスティックバイオレンス(DV)を愛情と勘違いするな

どーもです。KENJIです。

ドメスティックバイオレンス(DV)は肉体的な暴力だけではありません。

大声で怒鳴って威嚇したり、ののしったり、暴言を吐いたり、無視をするなどという行為や家具や壁などを壊すことでパートナーに恐怖心を与えるんなど何かで脅したりすることもDVに該当します。

決まってよく口にする言い訳は「これは愛情表現なんだ」というセリフ。あかん。

こんなニセ物の愛情だ。手を上げているあなたはまずい。

冷静に考えれば分かる事なのですが、叩いたりするのが正しい愛情表現なら、あなたの周りの全ての人も叩いていたり、叩かれたりしているはずではないですか?

しかし、叩いたり、蹴飛ばしたりするのは、間違った愛情表現です。

愛情とはパートナーを尊重し、大切に思うことであり、あなたやパートナーを自分の思う通りに変えることではありません。

DV夫が愛しているのは妻ではなく所詮自分なのです。

だから、良くありがちなのが暴力的な行為が終わったあとに、異常に優しくなる行動パターン。

これは、暴力に耐えかねてあなたが去ってしまいそうになると、自分のやさしさや弱さを見せて同情を引き、逃げられるのを防ごうとしたりします。

客観的にみても、自己中のなにものでもありません。

さらに、DV被害者を取り巻く呪縛には自己否定感があります。

暴力と合わせ、「お前が悪いからお仕置きをするんだ」「お前のせいで怒りたくもないのにイライラしてしまう」など、パートナーから否定的な言葉をかけられ続けているうちに、だんだん「私が悪いからあの人に暴力をふるわせてしまうのだ」といった、誤った自己否定感や罪悪感が生まれてしまいます。

これが、被害者を苦しめる大きな足かせになります。

まずは「自分は悪くない」ということをしっかり認識し、呪縛を解くことが大事です。

しかし、暴力を起こすにはそれなりの理由があるはずなのです。

無意識に暴力行為をおこなう心の底には、なにかしらの問題が隠されている可能性があります。

どうしても離婚をしたくない時は、穏やかに病院などを進めてみるのも1つの手です。

夫婦二人三脚で改善して行くのも、これから夫婦を続けているのに必要かもしれません。

夫婦間の話もない。妻がまったく関心を示さない。かなり冷え込んでいる。

そう思い当たるのなら、もしかしたらラストチャンスかもしれないぞ

 

夫婦のトラブル対処法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る