夫婦離婚の危機体験談|るりさんの家庭の場合

夫婦ラブラブ大作戦

夫婦離婚の危機体験談|るりさんの家庭の場合

読了までの目安時間:約 7分

 


夫婦離婚の危機体験談|るりさんの家庭の場合

どーもです。KENJIです。

今日はるりさんに離婚を考えたというお話を聞くことができました。

お一人のお子さんがいるるりさんですが、オンラインゲームなど趣味のゲームにはまっている3つ上の旦那さんに愛想を尽かしているとのこと。

なんと、会社をズル休みしてマンガ喫茶でゲームしていたこともあるというヤバさ。

ぜひとも聞いていましょう。

 
お名前を教えて下さい。
 
るりです。
 
お子さんはいますか?
 
一人います。
 
ご夫婦のご年齢と、ご結婚何年目ですか?
 
夫32歳 妻29歳の今年で結婚2年目です。
 
旦那さんはどんな方ですか?
 
  • 身長175cm台、体重65Kg台の普通体型
  • 顔はお笑いコンビ麒麟の川島さん似(いい声の方)
  • 経理事務の仕事をしており、性格は几帳面、少しせっかち、人付き合いは苦手、ギャンブルや煙草やお酒は苦手なのでしません。
  • ちょっと鈍い所、子供っぽい所アリ
  • 子供の事は好きだけど趣味(ゲーム)が一番という感じです。
 
離婚を考えた時期はいつごろですか?
 
結婚1年目の冬
 
離婚を考えた理由はどのようなことですか?
 

夫はゲームが好きで、夫の部屋には色んなゲームソフトやハードが沢山あります。

そんな夫ですが、困った事にオンラインゲームにハマってしまい、会社を2日程休んだ事が解りました。私が専業主婦で家にいるので、会社に行くフリをして漫画喫茶でゲームしていたのです。

それが判明したのも休んでいないはずの夫が漫画喫茶から出てくる所を、子どもを連れて買い物に出ていた私が見つけたからです。

「会社は?」と聞くとしどろもどろになったのでおかしいと思い家で話し合うと、会社をサボってゲームしていた事が解りました。

その話し合いの最中に「専業主婦はいつでもゲームできるからいいよな」や「独身だったらもっと自由にゲームできたのに」と言われたのです。

その言葉が結婚を後悔しているように感じ、離婚を考えてしまいました。

 
離婚する度合いを10段階評価するといくつくらいで、離婚は回避できそうですか?
 

度合いは「6」くらいです。

夫の性格は子供っぽい所がありますから、冷静になって考えてみれば「本心」で言ったのではないと思えました。

夫から後で「拗ねてつい言ってしまった」と謝罪されましたし、謝ってもらってその後同じ事をしないのであれば危機は回避できます。

 
なるほど。一旦冷却期間維持というところでしょうか。さて、旦那さんに言われてグサッと来た言葉ってありますか?
 
  • 専業主婦はいつでもゲームできるからいいよな
  • 独身だったらもっと自由にゲームできたのに
  • 何で俺、結婚したんだろう
  • もっと独身期間続ければよかった
 
妻に言う言葉ではないですよね・・それでは旦那さんに直してほしいところ教えてください。
 
  • 子供っぽくて自分の嫌な事が起こると拗ねるところ
  • 普段は真面目に仕事をしてくれるのに、ゲームが関わると途端に精神年齢が幼くなるところ
  • 子供や私(妻)といる時間よりも、趣味のゲームをしている時間が長いところ
 
  • ゲームは貴方の大事な物だしストレス解消に欠かせない物だと思うけど、もっと子供と遊んで
  • 独身時代は色んな場所へデートへ行ったのに、結婚してから休みはずっと家でゲーム!家族で旅行にいきたい!
  • オンラインゲームをするのはいいけれど、もうずる休みをして家族にも嘘をついて漫画喫茶でゲームをしないで
  • 専業主婦だって家事や育児が大変!
 
うっ・・・かなりの怒りですね。では、この結婚をしようとしている、あの時の自分に言いたいことはありますか?
 

夫は貴女が思っているよりも子供っぽい性格で、ゲーム第一な人です。

子供はとても可愛いですし、夫なりに子供を愛していますが、それでもゲームが大好きなのです。

夫がゲームばかりに夢中にならないように、普段からよく夫の動向を観ていてください。

 
るりさんが、もし新しく結婚できるならどうしますか?
 
  • 精神年齢が実年齢と相応の人と結婚する
  • 夫の手綱をしっかり握る
  • 子供っぽい人、趣味にばかり夢中になる人は避ける

 

るりさん。貴重なお話をありがとうございます。

自分の趣味に走る人って多いですよね。

特に男はこの手の趣味に走り、没頭して、すべてを忘れて夢中になってしまう人が結構いたりする。

しかし、会社バックレてゲーム喫茶はアカンですよね。

あなたも何かに夢中になって家族や妻をないがしろにしていませんか?

もし心当たりあるなら、最後のチャンスかもしれないよ。

 

怒る妻・離婚危機インタビュー

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。