夫婦離婚の危機体験談|やまっこさんの家庭の場合

夫婦ラブラブ大作戦

夫婦離婚の危機体験談|やまっこさんの家庭の場合

読了までの目安時間:約 5分

 


夫婦離婚の危機体験談|やまっこさんの家庭の場合

どーもです。KENJIです。

今日はやまっこさんにかなりマジで離婚を考えたというお話を聞くことができました。

お子さんが3人いるという状況でのこの判断はかなり大変かと思います。

なんとかがんばっているようですが、どうしてこのような事になったのでしょう。

ぜひとも、お聞きしたいと思います。それでは行ってみましょう。

 
お名前とご夫婦の年齢を教えてください。
 
やまっこです。夫34歳 妻37歳です。
 
お子さんはいますか?
 
3人います。
 
ご結婚何年目ですか?
 
8年です。
 
旦那さんはどんな方ですか?
 

優しいのですが、こだわりがある。

仕事で大変なのは分かるが子育ての大変さを分かってない。(主人は分かってるつもりでいるので更にたちが悪い…)

片親で育ってきたため、母親を大事にする。

家計がギリギリで、私は自分のためへのお金なんて使えないのに、主人は自分にかけるお金が多すぎる。

 
離婚を考えた時期はいつごろですか?
 
結婚6年目の冬頃です。
 
離婚を考えた理由はどのようなことですか?
 

近くに旦那の母が住んでいた。ちょくちょく急に来る義母。子育てについて色々言われる私はストレスマックス。

旦那にやんわり言うものの、差し入れ等々持ってきてくれるんだから有難い・・・と、全然分かってくれない。

家計もギリギリで、自分へのご褒美も買えず、旦那への不満だけが溜まっていった。

 
離婚する度合いを10段階評価するといくつくらいで、離婚は回避できそうですか?
 

度合いは「6.5」くらい・・・

義母が簡単に来れない距離への引っ越しにて解決できると思います。

 
けっこう高めな数値ですね。引っ越しという作業が伴うとなると、かなりハードルも高そうに感じます。さて、旦那さんに言われてグサッと来た言葉ってありますか?
 
  • おれが主夫してもいいよ。
  • 働いてるんだからいいじゃん。
  • 俺は大変なんだよ。
 
なかなかイラッとする言葉ですね・・それでは旦那さんに直してほしいところ教えてください。
 
  • 子育ての大変さをもう少し分かって手伝ってほしい。
  • 節約に協力してほしい。
  • 母親を大切にするのはいいが、家庭を第一に。
 
なるほど、たしかにその通りですね。さて、今、旦那さんに言いたいことを・・ぜひ教えてください
 

旦那自身は全く気づいてないと思うけど、私のストレスをもう少し察してほしい。

義母にはやはり気を使うし、言いたいこと言えなかったりするのに全く分かってない。

実家に行けば、自分はゆっくりテレビ見て寝るだけ…もっと、私のことも考えて欲しい。

 
この結婚をしようとしている、あの時の自分に言いたいことはありますか?
 
結婚相手の事が大好きでも、結婚するとその人の家族との付き合いが必ず出てくる。結婚前に家族との交流も必ず必要!
 
やまっこさんが、もし新しく結婚できるならどうしますか?
 
「経済力」「育ってきた環境が似てること」「愛するより愛される」がとても大切です。

 

やまっこさん。貴重なお話をありがとうございます。

やはり男は働いていれば、何をしても許されるという観点を持っていますよね。それに加え母親が絡んでくるとさらに問題は膨らみそうです。

さらに家計が厳しいところで旦那の方はお金を使ってしまうのは、あまり良い状況ではありません。

このように女性が考えていることと、男が考えていることはかなりかけ離れている。

そして、男の場合はかなりその考えが外れている場合が多く、多くの妻は非常に腹立たしく思っているだろう。そこへ「オレは働いている」などど言おうものなら・・・妻の怒りはかなり高くなるのはわかるよね。

もし心当たりあるなら、気がついた今がチャンスかもね。

 

怒る妻・離婚危機インタビュー

もう1記事見てみませんか?関連する記事一覧です。