夫婦ラブラブ大作戦

夫婦ラブラブ大作戦

仲のよい夫婦はもっと仲良く、さめている夫婦はあのころの初々しさを取り戻しましょう。

夫婦が会話をすることで束縛・拘束していないか?

読了までの目安時間:約 3分

 


夫婦が会話をすることで束縛・拘束していないか?

どーもです。KENJIです。

毎日、旦那さんが仕事に行く前に、「今日は何時に帰る?」と聞いている事が本当は旦那さんの負担になっているとしたら。

良く夫婦の間に隠しごとは無いと言う夫婦がいますが、隠すつもりの場合は別ですが、日常生活の中である程度、自由な部分も残しておかなくては、お互いに息が詰まってしまします。

例えば、今日の出来事を全て聞きだす。

子どもでも、毎日では嫌になってしまうのですから、大人だったら益々嫌けが指すと思います。

携帯電話を隈なくチェックする、これはパートナーを人としてあなたが認識していない状態ではないでしょうか。

誰にでも、話したくない事、知られたくない事はあるはずです。

その結果、パートナーがあなたの事を「重い」と感じてしまい、離婚なんて事にもなりかねません。

それと、もう一つに「会話がある」と思っているあなたに誤解が無いようにお話します。

夫がいつも一方的に話し、妻の話を聞いてくれない。

また、妻がいつもまくし立てて夫は言葉を挟むこともできない。

この様な一方的な話を会話としているのなら、会話違いです。

話をしてくれる事に対しては嬉しいと思います。

会話のキャッチボールになっていません。

これでは、ただ言葉数が多いだけで、会話をしているとはいえません。

会話の質を考えて話しをしてみて下さい。

パートナーが話す、あなたが聞く。

聞いた内容を考えて、あなたが思った事を話してみる。

あなたが話し、パートナーが聞く。

パートナーに伝わりやすい言葉(表現方法)を考える。

会話とパートナーに対して干渉する事は似ています。

一方的な会話、干渉しすぎでは、パートナーにとってかなり居心地が悪くなります。

夫婦円満な家庭を目指すなら、多少の縛りは必要ですが、会話の質をあげながら、多くを干渉しない事も必要だと思います。

今まであれこれ聞いていたのに、何をしているのか聞かないと心配だと言う気持ちも分かります。

そんな時は、たまに「私の事愛してる?」とさりげなく聞く事をオススメします。

夫婦間の話もない。妻がまったく関心を示さない。かなり冷え込んでいる。

そう思い当たるのなら、もしかしたらラストチャンスかもしれないぞ

 

夫婦のトラブル対処法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る